ニートの歩き方 ★★★★☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ニートの歩き方を読みました。
ボクはphaさんの活動に共感を覚え、また支援もしているので、この本がどのように仕上がるのか、とても興味がありました。
もっとも、ボク自身はフィリピンに永住権を取りに行っており、しばらくは本が発売されてもすぐに読むこと叶わず、twitterでの書評を羨ましく眺めているだけでした。
実際に帰国して、見て驚いたのは、その厚さ。分厚っ!phaさんが「だるいだるい」言いながらも、今のすべてを注ぎ込んだことが感じさせる分厚さです。実際に、内容も本人がまとめと言っているように、内容、盛り沢山でした。
さて、今回、実際に読んで思ったのは、ニートをやっていくのには、覚悟だけでは飽きたらず、どうやって生きていくかの戦略が必要だということです。覚悟は本人に腹を括ってもらうしかないわけですが、どうやって生きていくかの実例を余すことなく紹介しているのが本書です。
つまり、ニートになりたい人・なった人・それ以外にもスキマを狙ってやって行きたい人はこれを参考にして、自分で考えて実践してみましょうねという指南書でもあるわけです。
しかしながら、著者のphaさんも書いている通り、これは万人にとっての解となる生き方ではありません。そんなにおいしい話がどこかに転がっているわけではない。自分で探して見つけ出すしかない。楽をしたいなら、その分、知恵を使わなければならない。
この本のすばらしい点は、ニートを扱いながらも、普通の人達(それが何かは説明しづらい)にとっても、自分で考えて自分で行動して自分の収入の幅を広げたり、いろいろなリスク分散を考える切っ掛けになっているところです。
そういう点で、この本はこれからさらに混迷を増すかもしれない社会において、図々しく生き残るためのサバイバル書なんだと思いました。
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 [単行本(ソフトカバー)] / pha (著); 技術評論社 (刊)
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法 [単行本(ソフトカバ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。