さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす ★★★★★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

この本は特に、進路や就活で悩んでいる学生の方、就職した後いろいろと生き方を考えなおし始めた社会人の方にオススメです。
それから、「もう迷いなくこのまま突き進むのみ」という方にも、本書を読んで自分の強みを把握することはとても役に立つと思います。
この本では、強みを見つけて、それをさらに強化することを進めています。
「強みは伸びやすいが弱みは直しにくいため」というのがその理由です。
能力を平均化するのではなく、エッジを立てようということですね。
そして、その強みを見つけようと展開します。
この本のユニークなところは、途中まで読み進むと、表紙を外して中を見るように言われます。
以下の写真の赤線部分にコードが記載されています。

このコードを使ってウェブからテストを受けて、自分の5つの強みを知ることができます。
なので、中古でこの本を買っても、テストを受けることはできません。
ちゃんと新しいモノを買いましょう。
それから、このテストには少し癖があるので、買っていきなりテストを受けてはいけません。
テストを受けるように指示が出るところまで、ちゃんと本を読み進めましょう。

テストの結果を得て、5つの自分の強みをどう捉えるか、それをどう使うかは私たち読者次第ということです。
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす [単行本] / マーカス…

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす [単行本] / マーカス バッキンガム, ドナルド・O. クリフトン (著); 田口 俊樹 (翻訳); 日本経済新聞出版社 (刊)


日本語はこちら。

Your Signature Themes
Many years of research conducted by The Gallup Organization suggest that the most effective people are those who understand their strengths and behaviors. These people are best able to develop strategies to meet and exceed the demands of their daily lives, their careers, and their families.
A review of the knowledge and skills you have acquired can provide a basic sense of your abilities, but an awareness and understanding of your natural talents will provide true insight into the core reasons behind your consistent successes.
Your Signature Themes report presents your five most dominant themes of talent, in the rank order revealed by your responses to StrengthsFinder. Of the 34 themes measured, these are your “top five.”
Your Signature Themes are very important in maximizing the talents that lead to your successes. By focusing on your Signature Themes, separately and in combination, you can identify your talents, build them into strengths, and enjoy personal and career success through consistent, near-perfect performance.
Analytical
Your Analytical theme challenges other people: “Prove it. Show me why what you are claiming is true.” In the face of this kind of questioning some will find that their brilliant theories wither and die. For you, this is precisely the point. You do not necessarily want to destroy other people’s ideas, but you do insist that their theories be sound. You see yourself as objective and dispassionate. You like data because they are value free. They have no agenda. Armed with these data, you search for patterns and connections. You want to understand how certain patterns affect one another. How do they combine? What is their outcome? Does this outcome fit with the theory being offered or the situation being confronted? These are your questions. You peel the layers back until, gradually, the root cause or causes are revealed. Others see you as logical and rigorous. Over time they will come to you in order to expose someone’s “wishful thinking” or “clumsy thinking” to your refining mind. It is hoped that your analysis is never delivered too harshly. Otherwise, others may avoid you when that “wishful thinking” is their own.
Ideation
You are fascinated by ideas. What is an idea? An idea is a concept, the best explanation of the most events. You are delighted when you discover beneath the complex surface an elegantly simple concept to explain why things are the way they are. An idea is a connection. Yours is the kind of mind that is always looking for connections, and so you are intrigued when seemingly disparate phenomena can be linked by an obscure connection. An idea is a new perspective on familiar challenges. You revel in taking the world we all know and turning it around so we can view it from a strange but strangely enlightening angle. You love all these ideas because they are profound, because they are novel, because they are clarifying, because they are contrary, because they are bizarre. For all these reasons you derive a jolt of energy whenever a new idea occurs to you. Others may label you creative or original or conceptual or even smart. Perhaps you are all of these. Who can be sure? What you are sure of is that ideas are thrilling. And on most days this is enough.
Strategic
The Strategic theme enables you to sort through the clutter and find the best route. It is not a skill that can be taught. It is a distinct way of thinking, a special perspective on the world at large. This perspective allows you to see patterns where others simply see complexity. Mindful of these patterns, you play out alternative scenarios, always asking, “What if this happened? Okay, well what if this happened?” This recurring question helps you see around the next corner. There you can evaluate accurately the potential obstacles. Guided by where you see each path leading, you start to make selections. You discard the paths that lead nowhere. You discard the paths that lead straight into resistance. You discard the paths that lead into a fog of confusion. You cull and make selections until you arrive at the chosen path—your strategy. Armed with your strategy, you strike forward. This is your Strategic theme at work: “What if?” Select. Strike.
Input
You are inquisitive. You collect things. You might collect information—words, facts, books, and quotations—or you might collect tangible objects such as butterflies, baseball cards, porcelain dolls, or sepia photographs. Whatever you collect, you collect it because it interests you. And yours is the kind of mind that finds so many things interesting. The world is exciting precisely because of its infinite variety and complexity. If you read a great deal, it is not necessarily to refine your theories but, rather, to add more information to your archives. If you like to travel, it is because each new location offers novel artifacts and facts. These can be acquired and then stored away. Why are they worth storing? At the time of storing it is often hard to say exactly when or why you might need them, but who knows when they might become useful? With all those possible uses in mind, you really don’t feel comfortable throwing anything away. So you keep acquiring and compiling and filing stuff away. It’s interesting. It keeps your mind fresh. And perhaps one day some of it will prove valuable.
Maximizer
Excellence, not average, is your measure. Taking something from below average to slightly above average takes a great deal of effort and in your opinion is not very rewarding. Transforming something strong into something superb takes just as much effort but is much more thrilling. Strengths, whether yours or someone else’s, fascinate you. Like a diver after pearls, you search them out, watching for the telltale signs of a strength. A glimpse of untutored excellence, rapid learning, a skill mastered without recourse to steps—all these are clues that a strength may be in play. And having found a strength, you feel compelled to nurture it, refine it, and stretch it toward excellence. You polish the pearl until it shines. This natural sorting of strengths means that others see you as discriminating. You choose to spend time with people who appreciate your particular strengths. Likewise, you are attracted to others who seem to have found and cultivated their own strengths. You tend to avoid those who want to fix you and make you well rounded. You don’t want to spend your life bemoaning what you lack. Rather, you want to capitalize on the gifts with which you are blessed. It’s more fun. It’s more productive. And, counterintuitively, it is more demanding.

自分だけの特長的な資質
The Gallup Organizationが長年に渡って実施してきた調査によると、仕事を最も効果的に行うのは、自分の強みと行動を理解している人たちです。 このような人たちは、仕事や家庭生活で日々求められていることをやりこなす戦略的な能力に優れています。
自分にどのような知識やスキルがあるかを確かめることによって、基本的な能力はわかりますが、自分の本来の資質に気付き理解することによって、どのような行動を取ることで将来成功を収められられるかがわかります。
「自分だけの特長的な資質」のレポートは、あなたのStrengthsFinderの結果に基づき、上位5つの資質を強い順に並べたものです。 全34項目中、これらの資質があなたの強みの上位5つです。
「自分だけの特長的な資質」は、資質を最大限に活かし、将来の成功につなぐ手がかりとなります。 個々の資質に着目したり全体を概観することで、自分にどのような資質があるかをよく把握することができ、さらにそれらを強みとして成長させ、仕事やプライベートの両面で一貫してよい結果を得ることができます。
分析思考
分析思考という資質を持つあなたは、他の人に「証明しなさい。あなたの主張がなぜ正しいのか示しなさい」と強く要求します。このような詰問を受けると、自分の素晴らしい理論がもろくも崩れ落ちるのを感じる人もいます。これがまさしく、あなたの意図するところです。あなたは必ずしも他人のアイデアを壊したいわけではないのですが、彼らの理論が堅固であることを強く求めます。あなたは自分自身を、客観的で公平であると考えています。あなたはデータを好みます。データは人々の考えに左右されず、ありのままだからです。あなたはデータを見ると、パターンと関連性を捜し出します。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、結果はどのようなものかを理解しようとします。そしてその結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかどうかを知ろうとします。これがあなたのやり方です。あなたはこれらの点を一つずつ明らかにして、根本的な理由を探し当てます。人はあなたのことを論理的で厳格であると見ます。その人達は、いつかあなたのところにやって来て、誰か他の人の「非現実的な考え」あるいは「整理されていない考え」を話し、あなたの研ぎ澄まされた思考から見た考えを聞くでしょう。あなたの分析結果を伝える時、できれば決して厳し過ぎないようにしましょう。さもないと、その「非現実的な考え」が彼ら自身の考えである場合、その人はあなたをわざと避けるようになります。
着想
あなたは着想に魅力を感じます。では、着想とは何でしょうか? 着想とは、ほとんどの出来事を最もうまく説明できる考え方です。あなたは複雑に見える表面の下に、なぜ物事はそうなっているかを説明する、的確で簡潔な考え方を発見すると嬉しくなります。着想とは結びつきです。あなたのような考え方を持つ人は、いつも結びつきを探しています。見た目には共通点のない現象が、何となく繋がりがありそうだと、あなたは好奇心をかき立てられるのです。着想とは、皆がなかなか解決できずにいる日常的な問題に対して、新しい見方をすることです。あなたは誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに非常に喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、変わっているけれど意外な角度から眺めることができます。あなたはこのような着想すべてが大好きです。なぜなら、それらは深い意味があるからです。なぜなら、それらは目新しいからです。それらは明瞭であり、逆説的であり、奇抜だからです。これらすべての理由で、あなたは新しい着想が生まれるたびに、エネルギーが電流のように走ります。他の人たちはあなたのことを、創造的とか独創的とか、あるいは概念的とか、知的とさえ名付けるかもしれません。おそらく、どれもあてはまるかもしれません。どれもあてはまらないかもしれません。確実なのは、着想はあなたにとってスリルがあるということです。そしてほとんど毎日そうであれば、あなたは幸せなのです。
戦略性
戦略性という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にある中から、最終の目的に合った最善の道筋を発見することができます。これは学習できるスキルではありません。これは特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。他の人には単に複雑さとしか見えない時でも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる? では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。そして、あなたは起こる可能性のある障害の危険性を正確に予測することができます。それぞれの道筋の先にある状況が解かることで、あなたは道筋を選び始めます。行き止まりの道をあなたは切り捨てます。まともに抵抗を受ける道を排除します。混乱に巻き込まれる道を捨て去ります。そして、選ばれた道――すなわちあなたの戦略――にたどり着くまで、あなたは選択と切り捨てを繰り返します。そしてこの戦略を武器として先へ進みます。これが、あなたの戦略性という資質の役割です:問いかけ、選抜し、行動するのです。
収集心
あなたは知りたがり屋です。あなたは物を収集します。あなたが収集するのは情報――言葉、事実、書籍、引用文――かもしれません。あるいは形のあるもの、例えば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を引かれるから集めるのです。そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えるのです。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所それぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか? 保管する時点では、何時または何故あなたがそれらを必要とするかを正確に言うのは難しい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか誰が知っているでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、モノを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは物や情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に生き生きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。
最上志向
優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。