アンダーワールドUSA ★★★☆☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

アンダーワールドUSA 上 [単行本(ソフトカバー)] / ジェイムズ・エルロイ (著); 田…
アンダーワールドUSA 下 [単行本(ソフトカバー)] / ジェイムズ・エルロイ (著); 田…
「アンダーワールドU.S.A.」(2009年)は、キューバ革命とマフィアのカジノ計画の頓挫、ピッグス湾事件、そしてジョン・F・ケネディ暗殺を描いた「アメリカン・タブロイド」(1995年)、ベトナム戦争キング牧師暗殺ロバート・F・ケネディ暗殺を描いた「アメリカン・デストリップ」(2001年)に続く、ドミニカとタヒチへの新カジノ建設計画、ニクソン政権誕生などを扱った「アンダーワールドU.S.A.3部作」の3作目です。
シリーズ2作目の「アメリカン・デストリップ」からシリーズ3作目の「アンダーワールドU.S.A.」の間に、「ディープ・スロート」と呼ばれたウォーターゲート事件の内部情報提供者の正体が判明したため、大幅な加筆修正を行ったために出版が遅れたと言われています。
そのためか、マフィアとの絡みや主人公の存在感が前2作と比べて薄れているように感じられました、
それでも、複雑な人間関係とプロット、現実と理想の狭間に揺れる登場人物の葛藤、逆らおうとしても抵抗することのできない大きな流れなどはシリーズを通して健在です。
マフィアのボス、暗殺犯、大統領など、実在した人物が多く登場するため、虚実入り混じったストーリーにも関わらず史実と捉えてしまう人もいるかと思います。
もしも願いが叶うなら、加筆修正を行う前の作品を読みたかったと思いました。

アンダーワールドUSA 上 [単行本(ソフトカバー)] / ジェイムズ・エルロイ (著); 田村 義進 (翻訳); 文藝春秋 (刊)
アンダーワールドUSA 下 [単行本(ソフトカバー)] / ジェイムズ・エルロイ (著); 田村 義進 (翻訳); 文藝春秋 (刊)


「アンダーワールドU.S.A.3部作」を通じて暗躍するのは、長らくFBI長官を務めたジョン・エドガー・フーヴァーとヒューズ・エアクラフトのハワード・ヒューズの2人で、彼らの物語と見ることもできると思います。また、ヘロインなどの違法薬物も大きな役割を演じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。