最後に、フィリピンに渡航して手続きを行いましょう。