最近ハマっている辻村深月のデビュー作、「冷たい校舎の時は止まる」。
デビュー作なのに上下のボリュームってかなりスゴいと思います。
もっとも、辻村深月は人物の背景をかなり作り込む作家なので、登場人物が増えると、それがダイレクトに分量に影響するわけで。
で、やっぱりそれぞれの過去がこれでもかっ!ていうぐらい濃密に描かれていて、それぞれがいちいち重い。あと、いちいちもっともらしい理由がちゃんとあるのもスゴいよね。なので、辻村深月の描く人物って若いのにかなり大人に感じられるのかなぁ。自分が高校生の時とか、こんなんぜったいありえなかったと思います。
辻村深月ってどのように作品作りをしているのでしょうね。
テーマがあって、結末があって、そこにたどり着く「なぜ?」を積み重ねてひっくり返すと、作品になったって感じがします。
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)

続きを読む