今までの辻村深月の作品とは一風異なる内容です。
登場人物は少年少女ではなく、30歳の女性たち。
母娘やクラスメイト同士など、女性間の確執がテーマです。
さすがに30歳ともなると、誰もが何かしらの不満やら傷やら過去やらを抱えているわけで、それらが女性独特の心情として描かれています。
小学生、中学生、高校生の頃の出来事を深く覚えていたりするんですね。ちょっと怖いなぁと思いました。
男性との交際や結婚、妊娠などを女性の心理と絡めて書かれているところも、いろいろと複雑で「へぇ〜!」と感じるところがありました。
ストーリーは他作品同様によく出来ているのですが、男性としていまいち共感できるポイントが少なかったのです。これを読んだ女性のご意見を聞いてみたいですね。
本のタイトルの意味も一番最後まで読むと分かります。
これも他作品と一線を画する点です。
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫) [文庫] / 辻村 深月 (著); 講談社 (刊)