はじめての課長の教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 酒井穣 (著); ディスカヴァー・トゥ…
たまには課長の気持ちでも理解してみようと思って買って見ました。
この本の著者は、日本と欧米の組織論や経営論は異なっていて、欧米のアプローチをそのまま日本に取り入れても、必ずしも成功するとは限らないという前提に立って、論を進めています。
課長とは、「最も現場に近く、かつ経営陣と直接、意見を交換できる役職」ということで、単なる中間管理職以上のものと捉えている点が特徴的でしょうか。
本書では部下の管理の仕方や予算、人事、自らの権威付けなど、様々な点について触れられており、課長やこれから課長を目指す人、新入社員だけど課長とうまく仕事をしたい人など、いろいろな立場の人が本書を読んでも楽しめると思います。
ただ、読んでいて大変だなぁと思ったのは、社内政治について触れられているところ。
大変だなぁと思いつつ、これじゃあやっぱり課長になりたいとは思わないなぁというのが本音ですw

はじめての課長の教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 酒井穣 (著); ディスカヴァー・トゥエンティワン (刊)