カイシャを辞めて就く仕事 (ノン・ポシェット) [文庫] / 浅川 純 (著); 祥伝社 (刊)
自己啓発本かと思ったら、ミステリーでした。
子会社に転籍して働く主人公が、本社への復籍の可能性を探偵社に依頼したところから話が始まります。
探偵から調査の結果を知らせてもらった際に、こっそり伝えられた事実から、紆余曲折を経て、主人公が探偵に弟子入りし、最終的にカイシャインを辞めて探偵になるというストーリーです。
話としては出来すぎですけど、楽しく読めました。
途中途中、カイシャインの悲哀が描かれていたりして、初版が平成7年なのに、今だにその頃から代わり映えしないんだなぁという点が恐ろしくもあります。