すベてがFになる (講談社文庫) [文庫] / 森 博嗣 (著); 講談社 (刊)
森博嗣のデビュー作にして、天才真賀田四季博士のデビュー作。
やはり特筆すべきは、天才真賀田四季博士の圧倒的な存在感でしょう。
探偵役の犀川創平と西之園萌絵も個性的で、とても面白く読めます。
タイトルが謎解きのポイントになっている点も読み進めていくとビックリです。
犀川創平の性格や考え方にとてもシンパシーを感じますw

すベてがFになる (講談社文庫) [文庫] / 森 博嗣 (著); 講談社 (刊)