有限と微小のパン (講談社文庫) [文庫] / 森 博嗣 (著); 講談社 (刊)
様々な仕掛けで引っ張りますが、トリックについては、ちょっとがっかりです。
この本の見せどころもやはり真賀田四季博士の存在感でしょう。
あと、過去のシリーズに出た人物も再登場するので、そのあたりも楽しめます。
エンジニアとしては、仮想現実についての記載などは押さえておきたいところです。

有限と微小のパン (講談社文庫) [文庫] / 森 博嗣 (著); 講談社 (刊)