今回取り上げるのは、ホリエモンの「儲けたいなら科学なんじゃないの?」です。
ちょっとセンセーショナルなタイトルですが、実際に読んでみると、ホリエモンと成毛眞という人が科学技術とビジネスについて対談したものを纒めたもののようです。
本を読んでみると、ホリエモンの方がエンジニアで、成毛眞の方がビジネスパーソンのようです。
そんなことできるのかどうかは分かりませんが、東日本大震災が起きてから、風評被害や根拠のない報道に危機を感じた&これは一儲けできそうだということで、急遽、出版したもののように思えましたw。
実際、写真の挿入などはほとんどありませんし、対談集ならICレコーダーがあれば、時間をかけずに原稿を起こせそうです。たまに話が噛み合っていないところもありますw。
内容は広く浅くといった感じですが、ちょっとした打ち明け話みたいなものもあって、そこそこ楽しめます。
科学技術だとかビジネス本として読むのではなく、ちょっとしたウラ話もありの軽い読み物と思って読むと、外した感がなくていいと思います。

儲けたいなら科学なんじゃないの? [単行本] / 堀江貴文, 成毛 眞 (著); 朝日新聞出版 (刊)