どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書) [新書] / 大内…
タイトルはなかなかセンセーショナルですが、別に会社に喧嘩を売ろうとしているわけではありません(^.^;
内容は至極まともwで、日頃、サラリーマンの身近に潜んでいる問題を具体的に取り上げ、法律上の観点から白黒を明確化して、自分の身の守り方や考え方を提示してくれます。
特に、解雇に相当するのかしないのかという切り口については、サラリーマンにとってはとっても重要です。サラリーマンにとって解雇というのは、死刑宣告に当たります。
モラルとして身につけておくのはもちろんですが、法律がどのように物事を捉えるのかを知っておくだけでも、勉強になるでしょう。
それから、意外と盲点なのは、法律が変わらなくても、法解釈は時代と共に変わるという点です。
以前は問題にならなかったことがなかった事柄が、今も問題にならないとは限りません。
そういった方面にアンテナを立てるためにも、新書サイズのこの本は適しています。
リスク回避のためにも、一度は読んでおくことをオススメします!
それにしても、この本はタイトルで売っている部分がかなり多いと思いますw

どこまでやったらクビになるか―サラリーマンのための労働法入門 (新潮新書) [新書] / 大内 伸哉 (著); 新潮社 (刊)