7.4 リタイアメントビザを更新しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

PRA ID CARDを入手したら、1年以内に更新手続きを行って、延長する必要があります。
セブで更新手続きを行う場合、発行手続きと同様、提出した書類はいったんセブからマニラに送られ、手続きが終わってから、セブに送り返されてきます。そのため、最短で15営業日(3週間)の日数がかかります。
もちろん、予定通りには進まないのがここフィリピンですので、余裕を持って手続きを行いましょう。
私の場合はほぼ3週間で新しいカードが届きましたが、マニラで洪水などが起きると、その影響でさらに日数がかかります。
長い場合、5週間かかった実績があるので、天気などさまざまな情報にアンテナを張っておきましょう。
必要な物はパスポート(確認のために必要です。提出はしません)、PRA ID CARD、発行手数料(360 USD × 更新年数分)です。
これらを揃えたら、PRA Cebu Satellite Officeへゴー!
PRA Cebu Satellite Officeでは、簡単な書類を一枚書いて、手続き終了です。
例によって、「PRA ID CARDできたよっ!」などと教えてはくれないので、定期的に電話をかけてチェックしましょう。
そして、PRA ID CARDが送られてきたら、すみやかに取りに行きましょう。
なぜかって?なくされちゃったら困るからですよ!

『35歳で日本を脱出!200万円でフィリピンに永住しよう!』発売中!

Pocket

経済成長著しいフィリピンに移住するには、リタイアメントビザを取得するのが一番安心です。

高度経済成長期に入った東南アジアに生活の拠点を移して、経済の発展を実感してみませんか。

本書の通りに手続きを進めれば、必ずリタイアメントビザを取得できます。

 


Amazon Kindleで今すぐダウンロード

SNSでもご購読できます。