7.3 ポストペイドのケータイを契約しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

フィリピンでは、ケータイの契約はプリペイドが主流ですが、毎回、ロードを買ってケータイに投入するのは面倒です。
その上、GlobeのSuperSurfやSMARTのUnli Surf 1200といったインターネット接続サービスに加入したまま、サービスがexpireしてしまうと、あっという間にロードを食いつぶしてしまいます。
そこで、ケータイの月極の契約、ポストペイドの申し込みをしましょう!
Globeのポストペイドの申し込みには、以下の書類が必要です。比較的入手しやすい書類を太字にしています。

  1. PROOF OF IDENTITY (Acceptable documents but not limited to the following)
    • Company ID
    • Major Credit Card (even without picture)
    • Driver’s License
    • Passport (bearing signature)
    • SSS/TIN/GSIS ID
    • PRC/IBP ID
  2. PROOF OF BILLING ADDRESS (Acceptable documents but not limited to the following)
    • Any acceptable ID with address (refer to the list of Valid POID)
    • Credit Card Statement
    • Public Utility Bills (i.e. electric, water, cable)
    • Bank Statement
    • Notarized Contract of Lease
    • Airway Bill
  3. PROOF OF FINALCIAL CAPACITY (Acceptable documents but not limited to the following)
    • Two (2) months credit card statement
    • ITR with BIR or Bank received stamp (form 1700)
    • W-2 (form 2316)
    • Certificate of Employment and Compensation
    • Computerized Payslip (1 month)
    • Two (2) months bank statement of account or passbook
    • Three (3) months Certificate of Allotment plus Employment
    • Contract (for overseas workers)
  4. ADDITIONAL REQUIREMENTS FOR FOREIGNERS (Acceptable documents but not limited to the following)
    • I-Card
    • DOLE Employment Permit
    • Immigration Certificate of Registration
    • Special Retiree’s Residence VISA (SRRV)
    • Company Gurantee (if staying less than the lock-up period)
    • Employment Contract or Certificate of Employment

1を2種類、2〜4それぞれを1種類ずつ、合計で5種類の書類が必要になります。
1は身分証明書です。この中から2種類の書類を用意します。
ボクの場合はDriver’s LicenseとPassportを用意しました。
2は請求先の住所の証明書です。Public Utility Bills (i.e. electric, water, cable)については、家のオーナーが自分名義で一括して処理してくれているケースがあります。この場合、請求書がオーナー名義になっていて使用できません。
ボクの場合はPLDTの請求書を用意しました。
3は経済力の証明書です。要は支払能力があるのかということです。
ボクの場合、Two (2) months bank statement of account or passbookを用意しました。
この場合、銀行に行って書類を発行してもらう必要があります。
4は申込者が外国人の場合に追加で必要な書類です。
ボクの場合はもちろんSpecial Retiree’s Residence VISA (SRRV)を用意しました。ここで使わずにいつ使う!
申し込みをすると、1週間後ぐらいに承認されたら連絡しますと言われますが、そこはフィリピン。すんなりといくわけがありません。
しかも、承認されたら連絡がありますが、書類の不備などで承認されなかった場合は連絡が来ません。顧客としては、問題があった場合には、それを連絡してもらわないと問題解決できないのですが、フィリピンではそういったフィードバックがかからないのです。
結局、1週間ごとにAyala Center CebuのGlobeに通ってpushし続けた結果、3週間かかってようやく承認が降り、SIMカードを入手することができました。
Globeのプリペイドを使っていて、ポストペイドに切り替える場合、電話番号が変わってしまうので、注意が必要です。


『35歳で日本を脱出!200万円でフィリピンに永住しよう!』発売中!

Pocket

経済成長著しいフィリピンに移住するには、リタイアメントビザを取得するのが一番安心です。

高度経済成長期に入った東南アジアに生活の拠点を移して、経済の発展を実感してみませんか。

本書の通りに手続きを進めれば、必ずリタイアメントビザを取得できます。

 


Amazon Kindleで今すぐダウンロード

SNSでもご購読できます。